Confessions of Wannabe Carrie Bradshaw

1998年から放送された「セックス アンド ザ シティ」の中で、多くの20代の女の子はスマートで皮肉屋、野心家なミランダでも、ちょっぴり時代遅れで間抜けな可愛いシャーロットでも、 勝手気ままでナルシストなサマンサでもなく、みーんなキャリーになりたかった。ユーモアがあってセクシー、そしてちょっぴり気分屋で茶目っ気があって、、、

“Confessions of Wannabe Carrie Bradshaw” の続きを読む