WHY HER, NOT ME?

日々生活してると常々、意識の外から出てきてしまう質問、「なぜ私じゃなくてあの子?」
あの子と何が違う?努力が足りない?元々の素質?私向いてないのかしら?

でも、でも、だぶんだけども、きっとそういうふうにあの子もこの子も思ってるのだ。

だから、こういうふうに下向きになっちゃう時には、ありふれた解決法だけども、自分は自分よ、と思うしかないんだと思う。
彼らが表に出してないからと言って、そう思っていないというわけではないのだ。

表に出てる子達と、a girl next doorな私、何も違いはないんだと思う。たぶん私自身が違うラベルを貼ってるだけ。
彼らは私と比べてスペシャル?個性が強くてcool?絶対そんなことない。
誰もが人間、誰1人と同じではないからこそ私たち個は等しく違っている。

PHOTO BY GUCCI EYEWEAR

等しく違うっていいことじゃない。
だから私もみんなと違うことしようって思わなくてもそもそも違うんだから、そこで自分の個性がなんだとか悩むのは不毛というか、不毛ではないけど結局答えはでないから、
だからやっぱり、自分のやることに集中するのが一番だよね。
「等しく違うっていうこと」を念頭に置けば、私が他の人と劣っていることも、他の人が劣っていることも論理的にはありえないのだから、人にも正しく接していける。

それで、私だけじゃ限界だわって思ったら、そうしたら次は仲間の出番。
そうやって世界を広げられたら素敵よね。
というか、たぶん既に私の世界はそういうふうに広がっているんだと思う。

PHOTO BY Marie Claire UK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です